家づくりのコツ

一戸建て

家づくりを考えだすきっかけとして

 

そろそろ、今住んでいる所が手狭になってきたし、家でも建てるか。

でもどうせなら、自分好みの自分だけの家を建てたい!

誰でも思うことですよね。

理想のマイホームの夢は持っているけど、何から始めていいのかわからない。

どこに相談すればいいのかわからない。

すると、ほとんどの方が次のような行動をとるのではないでしょうか。

  • 住宅展示場にとりあえず行ってみる
  • 雑紙で情報収集して資料請求する
  • ネットで探す
  • チラシを見て 問い合わせをする

どうでしょう?理想のマイホームを建ててくれる会社が見つかりましたでしょうか?

恐らく、数社に資料請求しても、住宅展示場に行っても、ネットで調べても 何処がいいのか、さっぱりわからないのではないのではしょうか?

情報が溢れている今の世の中、本当に信用できる情報を得るのは難しいのです。

でも、その中で良いパートナーとなってくれる会社を見つけなければ、理想のマイホームは建ちません。

どうして見つからないのでしょうか?

それはあなたの理想の家づくりから、的が外れた(ギャップのある)会社しか見ていないのです。

そのギャップがある限り、理想のマイホームにはなりません。仮に、多額の出費をして出来たとしても不満が残るはず。

では、どうしたらいいの? って声が聞こえてきますが、ちょっとした コツ を掴めば難しいことではありません。

まず最初に知って頂きたいのは、住宅業界には、色々な営業マジックが使われているのです。

知らないと、そのマジックにはまり無理な契約をさせられて痛い目に合ってしまいます。

マジックにはまらないためには、それぞれの目的を考えれば簡単に見破ることが出来ます。

例えば、住宅展示場は、すごく大きくて豪華絢爛な家が立ち並んでいますよね。とても現実的な家ではないのですが、どれから入るか吟味し、良く聞く名前のモデルハウスに入ったりします。

でも、その住宅展示場の目的、モデルハウスを建てて、集客している会社の目的は何でしょう?
また、その営業マンの目的はなんでしょう?

注文住宅そんな事を客観的に考えるようにすれば、マジックにかかり難く?はなります。

 実は、住宅展示場の維持経費は、1か月200万円以上かかっています。その経費はもちろん、お客様の住宅に上乗せされているのです。TV広告なんて、なん億とも言われています。過大な広告経費の分だけ、住宅の質は下がり、肝心な仕事は、利益だけとって下請けに安く叩いて丸投げ状態。ハウスメーカーなら安心?本当にそう思いますか?

つまり、住宅展示場には情報収集に来ただけと目的をはっきりと伝え、しつこくされないようにうまく使いましょう!
展示場に行ったその日の夕方には、営業マンが頼んでもいないのにお礼に来ます。買う気がないのであれば、きっぱり断りましょう!

 ここに書ききれない内容は、小冊子にまとめました。お気軽に資料請求して下さい。

しつこい営業はいたしませんので・・・


 

本ではわからない実際の話。失敗しない家づくり!小冊子資料請求へ

ご連絡先

株式会社清水工務店
神奈川県横須賀市長坂3-6-33
お問い合わせ先
TEL:046―857-2626
FAX:046―857-4199
リフォーム専用サイト http://www.sukarefo.jp
施工エリア
横須賀市・葉山町・三浦市・逗子市・鎌倉市
その他地域はご相談下さい。
資料請求 資料請求
お問合せ
イベント案内

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31