豆知識第3回目は、道路についてです。

道路と一言でいっても、国道、県道、市道などいろいろありますよね。道路は建築基準法上、非常に重要な要素になっています。

えっ!道路ってみんな同じじゃないの? 家と関係あるの? と思われるかもしれませんが、実は建築基準法で道路、というと皆さんが思い浮かべるものとは、少し違う場合もあるんです。

建築基準法上では原則として、幅員4M以上の道路に接している敷地でなければ、建築物を建築してはならない。というルールになっています。

4Mの幅員は、側溝や歩道部分も含まれます。

これは、良好な住環境を保ち、火災や災害の際にもすぐに避難できるようにとの配慮からです。

また、建物を建築するには、敷地が建築基準法上の道路に接していなければいけません。接している長さは、2M以上必要です。これを「接道義務」といいます。

皆さん、ご存知でしたか? 土地を購入する際は、気をつけてくださいね。

私道はどうなの? と思われるでしょう。 もちろん、特定行政府から「位置指定」を受けていれば道路とみなされます。この道路を「位置指定道路」といいます。 この道路に接っしているのは正直、あまりお勧め出来ません。補修や排水など色々と面倒ですからね・・・。

道路の幅が4Mまで足りないんだけど・・・? 建てれるの?

原則として、道路の中心から2Mの位置を道路の境界線とみなす、みなし道路「2項道路」として接道義務を果たすことができます。 

まぁ、ざっと説明しただけでも、何かややこしいですよね? 素人目には、何処が境界かわかりませんしね。

法務局に行って調べないとわからない事もあるので、無理に自分で考えないでプロに頼むのが一番いいと思います。

 

第2回目は、前回の繋がりで建築用語(法律)についてお話します。

建築基準法

 建築基準法とは、そこに住む人の安全や健康を考慮し、建物を保護したり、地域の環境を守るための法律。
建物の構造や居住性に関わる一般的な規定(単体規制)と、都市計画区域での道路や地域との関係を定めた 規定(集団規定)からなっています。具体的な内容は主に政令、告示などによって決められ、地方自治体の条例(細目)なども定められています。例えば、屋根の色、外壁の色などを〇〇団地ではなるべく揃えてね。とか。
 まぁ 簡単に言ってしまえば、土地・建物に対して色々な規定があり、好き勝手放題には建てられないという事です。原則として道路に面していない土地に建物は建てれません。土地を購入予定の方は、プランの前にその土地の下調べ(敷地調査)をしてからプランを立てないと、せっかく苦労して決めたプランが最初からやり直し・・・なんてこともあるので、ご注意を!
 

確認申請 ・ 完了検査

 建築基準法の範囲内で建物の設計をしても、すぐには建てれません。
建築の着工前に、建物が法律に適合しているかどうか(確認申請)を、役所(建築指導課)や指定民間業者に確認してもらう必要があります。また、確認申請の許可が下りても、工事途中(中間検査)と工事完了(完了検査)をパスしないと、完了検査済証が役所からもらえません。
住宅ローンを組む上で必要になる場合もあります。〇歯さん事件以来、神経質なぐらい厳しく(なりすぎ?)なっています。
いったん確認申請すると、変更が出た場合、工事をストップして申請をし直しになり、実質的にいうと変更は出来なくなるので、しっかりと業者と打ち合わせをして変更の出ない家づくりを心がけましょう。

建築用語、法規、お金の事 どれも本を読んでも、難しくてわかりづらいと思います。
できるだけ、わかりやすく、皆様のお役に立てる情報を順次Upしていきますので、よろしくお願いします。

第1回目は、建築用語(寸法)についてお話します。

ご存じかもしれませんが、

㎡(平米)
 • 面積を表す単位です。例えば、家の大きさが 4m×5mの場合 面積は 20㎡ となります。 

坪(つぼ)
 • 3.3㎡を1つの単位として表します。よく出てくる単位です。簡単な目安として、畳2帖で、1坪です。

尺(しゃく)
 • 約33㎝を1尺という単位で表します。家などの建築物はモジュールと呼ばれる区切りがあり、3尺つまり91㎝で区切ったものを、尺モジュール。100㎝の区切りをメーターモジュールと呼びます。
3尺はちょうど、一般的なトイレや廊下の幅がそれにあたります。

間(けん)
 • 6尺(182㎝)を一間という単位で表します。簡単な目安は、畳の長さが、一間 畳の幅が、3尺 で出来ています。

なんとなくわかってきたと思いますが、畳を基準に考えればわかりやすいと思います。
また、これらの単位は地方で少しづつ違い、関東間、関西間、東北間などがあります。
測り方に特徴があり、柱の中心(芯)から柱の中心を測る、芯芯寸法が基本の測り方です。

間取りを考える時には、モジュールを意識して考えるようにしましょう!

ご連絡先

株式会社清水工務店
神奈川県横須賀市長坂3-6-33
お問い合わせ先
TEL:046―857-2626
FAX:046―857-4199
リフォーム専用サイト http://www.sukarefo.jp
施工エリア
横須賀市・葉山町・三浦市・逗子市・鎌倉市
その他地域はご相談下さい。
資料請求 資料請求
お問合せ
イベント案内

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31