坪単価45万円」 などとよく表現していますが、
そもそも 「坪単価」 とは、何でしょうか?
建物の面積当たりの価格を 「坪単価=いくら」 と表現します。
例えば 建物 1600万円 坪数40坪 の場合 坪単価 40万円 になります。
簡単に言えば、こうなります。
 

  • 建物が 広い=坪単価 安い
  • 建物が 狭い=坪単価 高い

坪単価だけですと、仕様やグレードまではわかりません。
とにかく、安い構造・材料・設備を使えば、いくらでも安く仕上げることは可能です。

  • 形が シンプル=坪単価 安い
  • 形が 複雑   =坪単価 高い
  • 間取りが単純  =坪単価 安い
  • 特殊な間取り =坪単価 高い

この事は、安くていいプランを考える上でとても重要ですので 覚えておいて損はないです。

問題は、ここからです。

おそらく、皆さんは「坪単価 40万円 1600万円 で家が建つ」 と思っている方が多いのではないでしょうか?
一般的な建物価格は、建物本体のみの価格です。その他にも、

  • 付帯工事    外構工事(駐車場・塀など) 屋外給排水工事 浄化槽工事 地盤改良工事 ガス工事 
  • 調査申請費   確認申請費や地盤調査費 測量費など
  • 借入れ費用   住宅ローンに関わる諸費用 登記費用・火災保険料など

また、エアコン カーテン 照明器具 なども 別途費用になっていることに気をつけてください。

建物本体は 防火地区などを除いて、何処に建ててもそんなに値段は変わりませんが、
外構工事や屋外給水工事などは土地によって 条件が変わる為、一律料金にしにくいからです。

最初、「坪単価30万円だったのに 後から段々と上がっていき 終わってみたら坪単価55万円になっていた」

なんて ひどい話を聞くこともあります。

建築本体や付帯工事などの費用区分をきちんと説明している業者は 少ないのが現状です。

建築を依頼される際、坪単価は目安と考え 建物本体にどこまで入っているか付帯工事はどこからなのか
依頼先には明確な基準があるのかどうか を見極める事が大切です。

予算は全体で幾らになるのか、返済は無理がないか 資金計画をしっかりたてないと とても苦しい支払いになってしまいます。せっかく新築したのに 全然楽しくないなんてことがあってはいけない と思います。

清水工務店では、建物 土地 資金計画 引っ越し 借り住まいも すべてトータルパッケージで考えています。
夢や希望、悩みをじっくり聴きとり お客様の身になって考え、最善のトータルプランをご提供いたします。


 

失敗する人を絶対に出さない家づくり!資料請求へ

 

メールでのお問合わせ

ご連絡先

株式会社清水工務店
神奈川県横須賀市長坂3-6-33
お問い合わせ先
TEL:046―857-2626
FAX:046―857-4199
リフォーム専用サイト http://www.sukarefo.jp
施工エリア
横須賀市・葉山町・三浦市・逗子市・鎌倉市
その他地域はご相談下さい。
資料請求 資料請求
お問合せ
イベント案内

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31